ミスマガジン2010 川嶋麗惟 [DVD]

ミスマガジン2010 川嶋麗惟 [DVD]

ミスマガジン2010 川嶋麗惟 [DVD]説明

川嶋麗惟(出演)形式: DVD

内容紹介今年で10周年を迎えるミスマガジンプロジェクト。2002の安田美沙子、中川翔子、2003の岩佐真悠子、瀬戸早妃、2005の北乃きい、2006の倉科カナ、2008の桜庭ななみらが大ブレイク。今やミスマガジン出身タレントたちがグラビア界だけにはとどまらず、映画やドラマと多方面で活躍中!記念すべき10年目のテーマは「Miss Magazine 10th Anniversary 新・21世紀のアイドルを探せ!!」。今年もアイドルの頂点を目指す金の卵5名が選出されました。グランプリ他各賞受賞者の発表は7/25(日)赤坂サカスのイベントで、誌面では7/26(月)のヤングマガジンで予定しております。そして今年も、講談社とタッグを組んだ、TBSのプレゼンツ作品としてソロ・イメージDVDが完成、5タイトル同時に8月25日(水)発売。(販売元:バップ)●5タイトル同時発売!●収録時間:本編各約49分+特典映像7分●特典:映像特典/プライベートオフショット映像を収録予定!●仕様:カラー、ステレオ、ドルビーデジタル、片面1層、16:9<チャプター>1Miss Magazine20102岩場3Beach4浴衣5「私について」6制服と教会7流木8Pool9「好きな男性のタイプ」10木漏れ日11キャッチボール12On the bed13「ミスマガジンに選ばれて」14スクール水着15フリーマーケット16夕日企画協力:講談社製作著作・発売元:TBS 販売元:バップ 5ショット撮影:木村晴、ヤングマガジン (注)品番の並びはグランプリ他各賞の受賞者の順番ではありません。※内容、仕様は変更になる場合がございます。内容(「キネマ旬報社」データベースより)多くのアイドルを輩出してきた美少女コンテスト“ミスマガジン”の2010年大会で、ファイナリストに選ばれた川嶋麗惟のイメージ。まだ13歳ながら、早くもTVドラマなどで活躍中の美少女・麗惟ちゃんの魅力をたっぷり楽しめる。P.when(‘A’).execute(function(A) {A.on(‘a:expander:toggle_description:toggle:collapse’, function(data) {window.scroll(0, data.expander.$expander[0].offsetTop-100);});});内容(「Oricon」データベースより)2010年ミスマガジン受賞者、川嶋麗惟のソロイメージDVD。出演者について<プロフィール>川嶋麗惟(かわしま れい) 14歳・生年月日 1996年5月29日・出身地 静岡県・血液型 AB型・サイズ T160 B79 W57 H83・趣味 お料理・特技 ピアノ、バイオリン続きを見る

ミスマガジン2010 川嶋麗惟 [DVD]口コミレビュー

C2:岸壁で、厚手大きめピンクの水着。C3:ビーチ、レモンブラ、黄色水玉のボトムはやや小さめタイトでヒップラインがくっきり。前も割と鋭角にはりつき、▽のアップもあり。前髪をアップし、あどけなさが全面にでた印象。C4:赤い花柄の浴衣、大人びた妖艶な演出。実年齢とのギャップを感じます。C6:制服でオルガン。こちらも前髪アップで妙にあどけなく見えます。後半はパイプオルガンにヴァイオリンまで、多才です。C7:海岸、紺ビキニ。色っぽさがでていて妖艶。髪形も似合っていて良い構成ですが、笑顔が少ないのが逆に裏目にでている感じがします。C8:プール、厚手オレンジのビキニ。定番のパーツに水中接写あり。等身大のかわいさです。C10:白の紐ビキニ。ボトムは小さめで食い込んだお知りのアップも度々。笑顔や恥らう顔もありますが、少し背伸びした雰囲気です。C11:キャッチボール、赤白縞ビキニ。下半身のズームアップが多く、構成は単調ながら集中的にお知りを追いかけています。等身大の笑顔やメイクもgood.C12:ベッド、パケ写の白い水着。メイクや髪形は最も年齢相応で、かわいさと美しさが最大限活かされています。ボトムは何気に小さく、肉感ある太腿の接写もあり、カメラワークも落ち着いていて、安心の内容です。C14:ツインテールに薄手スク水。ヒップラインやムチムチした太腿、接写もあり。年齢相応で似合っていて反則です。C15:マーケット。こちらも年齢相応で本来の持ち味が光っています。アイスキャンディを加えるシーンも。C17:海辺、夕日に照らされ、大人びた美貌もよく似合っています。ピンクのビキニも薄手タイトで小さめですが、おしが弱くやや残念。C5,9,13:インタビュー。定番の内容、パーツ接写もあり。☆大人びた雰囲気をもつ一方で、年齢相応の無邪気さもあり、メイクや髪型でも随分と印象が変わります。内容はミスマガ定番作品で、露出や接写はやや控えめな印象。時折みせる色っぽい大人びた表情と無邪気な素顔のギャップもまた魅力でしょう。肉体は適度に肉感的で、14歳の美少女にここまで下半身接写するあたりはやはりミスマガです。年齢やルックスで好みが分かれるところでしょうが、ミスマガですので色々な面でそれなりに質が高い作品です。

今年のミスマガジン5作、全て見てみました。ミスヤングマガジン賞の川嶋麗惟(14)、スタイルは160/-、79-57-83。2010の中では最年少。でも少々大人びたルックス、スタイルは完成されてる感。落ち着いている第一印象。なんとなく黒谷友香に似ている気がします。同期、同世代の清水富美加とは対極にいる感じです。C4では和装、髪を結い、胸元、肩をはだけさせるセクシーシーン。これだけ見ると年齢不詳です。C5はインタビュー。美形、真面目。はっちゃけた印象は皆無です。C6は教会でセーラー服。オルガンを弾きます。上手なようです。深窓の令嬢風。更に、バイオリンを弾きますが、こちらはそれほど上手くは無いようです。お嬢様感が高まります。C7海岸の枯れ木にまたがり、肌密着ビキニ。髪型がもうひとつ。肌はきれいです。C8プールシーン。オレンジ色ビキニでは谷間を強調接写。胸の静脈がのぞけます。C9インタビュー2。好きなタイプの男性は優しく紳士的な人。嗜好が大人です。C10は白いビキニ。お尻の肉付きがいいことに気づく。この時のメイクは年齢相応で◎。C11は赤いボーダービキニでキャッチボール。意外にアクティブ。バストもぷりっ。C12下着風+薄着を羽織りベッドルーム。薄着の前のボタンはとめておらず、きれいな素肌がのぞけます。バストも適度な膨らみ加減。このチャプタ良好です。C13ボディパーツ紹介。チェックビキニは脇が細いフリル付き紐ボトム。◎。C14スクール水着(学□院風)+お下げ髪。この格好でお尻の接写は反則。ゴーグルを肩紐と体の間に挟むのも、ちょっと反則。C15バザールでお買い物(お小遣いは20ドルまで)。なにげにアイスキャンディを。彼女、まつげが長く、ルックスはちょっと派手目。メイクはナチュラルにしてあげた方が年齢相応で好印象です。それにしても次の展開が想像し難いコです。完成されたルックスで損をしている。もうちょっと背があると別の展開が考えられるのですが。170くらい欲しい。まわりは現時点で積極的に売り出そうとせず、時期を待った方が良さそう。大事に育てて欲しいです。※特典映像でも真面目ぽい。同年代の新川・清水と仲が良かった風。読書してる。何を読んでるのかと思ったら「恋空」。年齢相応だね。

ミスマガジン2010 川嶋麗惟 [DVD]画像

-グラビアアイドル

ミスマガジン2010 川嶋麗惟 [DVD]を見る

タイトルとURLをコピーしました