井上舞妃子 Carnival [DVD]

井上舞妃子 Carnival [DVD]

井上舞妃子 Carnival [DVD]説明

井上舞妃子(出演), 加納典護(監督)形式: DVD

内容紹介モデル、グラビア、TV等で活躍中の井上舞妃子の最新イメージDVD。清楚な顔立ちと抜群のプロポーションを誇る彼女の悩殺&セクシー映像の連続にノックアウト間違いなし!内容(「キネマ旬報社」データベースより)2007年の「日中韓三ヵ国“友好大使”杯国際スーパーモデルコンテスト」で友好大使賞を受賞した井上舞妃子のイメージ。清楚な顔立ちと抜群のプロポーションを誇る彼女の悩殺ポーズにノックアウト間違いなし!P.when(‘A’).execute(function(A) {A.on(‘a:expander:toggle_description:toggle:collapse’, function(data) {window.scroll(0, data.expander.$expander[0].offsetTop-100);});});内容(「Oricon」データベースより)モデル・グラビア・TVなどマルチに活躍する“井上舞妃子”のイメージDVD。清楚な顔立ちと抜群のプロポーションを誇る彼女の悩殺&セクシー映像の連続にノックアウト間違いなし!出演者について井上舞妃子(いのうえ まいこ)生年月日:1983年9月13日T168・B84・W61・H89出身地:東京都血液型:B型趣味:HIPHIOP・ジャズダンス特技:バレーボール続きを見る

井上舞妃子 Carnival [DVD]口コミレビュー

別のレビューに「前作より露出してない」というような記述がありますが、むしろ露出度はアップしてるように見受けられました。前作のように、短いTシャツで下乳を見せながらサッカーボールを追い掛けるようなシーンはありませんがね。今作では、乳揺らしは青のビキニで浜辺を走り回るシーンにわずかにあるくらいです。モデルの美しいボディをじっくり見せるようなカメラワークはなかなか良かったですね。作品としては、上品に仕上がっていると思います。着エロとかで売り出してる人の作品ではないので、これはこれでいいのではないでしょうか。

前作の「まいちん」が余りにも衝撃的だったので、今回も期待はしていましたが、やはり、前作よりは、トーンダウンしていました。前作で、少し、やり過ぎたので、今回は自粛した…という訳ではないだろうが、何か、どのグラビアアイドルでも、どの制作・販売元でも、このパターンが多いですね。一度、思い切った作品を出せば、次回からの作品は、肌の露出を減らしても売れるだろうという手法…と、考えてしまうのは、私の考え過ぎだろうか…。そのような中でも、四つん這いでのバックショットは、各シーンに、何箇所か有り、手の平に収まりそうな、ちょうど良いサイズのバストは、見せてくれています。特に、チャプター2にて、彼女が家庭教師に扮し、こちらが教え子という王道とも言うべきシチュエーションでは、徐々に脱いで、赤の下着姿になる訳ですが、カメラとの距離感が絶妙で、思わず、画面に手を出したくなる程、胸の弾力が伝わってきます。その他にも、チャプター6での大きく胸元の開いたワインレッドのドレスで、横乳が見れたりしますが、どのチャプターでも、時間が短く、「さぁ、これから…」という所で、シーンが終わってしまい、かなりストレスを感じます。チャプター7でも、ビーチでのSMチックな黒のランジェリー姿は新鮮で良かったが、すべて岩場の下での映像で、薄暗くて、よく見えないし、今回は前作のような下乳披露は一切無く、非常に残念な部分も多くあります。しかし、彼女の知的な雰囲気は健在で、前作よりは劣るが、購入して損とまでは言えないでしょう。

井上舞妃子 Carnival [DVD]画像

-グラビアアイドル

井上舞妃子 Carnival [DVD]を見る

タイトルとURLをコピーしました